台湾に4割バッターがいるらしい

      2017/05/18

台湾のプロ野球リーグに4割バッターがいるそうな。王伯融(ワン・ボーロン)という選手らしいのですが、2015年にプロ入りした23歳の若者とのこと。2016年に台湾リーグで打率.414という凄い打率を残し、もちろん台湾プロ野球史上最高の数字だったようです。

そんな彼が早ければ今年のシーズン中にも日本へやってくるとかこないとか。台湾国内でも移籍には前向きで、高いレベルのリーグでプレイしてほしいと思っている人が多いようです。でもメジャーリーグにはまだ早いっていう見方もあって、じゃあ日本球界にっていうことらしい。まあ、近いしね。

去年のWBCの練習試合(?)では則本からホームランを打ったんで、日本のスカウトたちの評価も変わったみたいで、貧打に喘ぐロッテが獲得を狙ってるらしい。でも、王伯融はLamigoモンキーズと5年総額3,180万台湾元という大型契約を交わしているので、Lamigoモンキーズには補償金、王伯融には今以上の年俸(やっぱり年1億以上にはなる?)が必要なので、お金ある球団じゃないと厳しいかな。

セ・リーグでは阪神が狙ってるって話だけど、福留も糸井もいてさらに補強する?あとはソフトバンクが有力って話もあるけど、これ以上の戦力がまだ要りますか?って気もするけどなぁ。

 

 - 野球